猫と一緒にビールで乾杯!

二匹の兄妹猫日記~名前の由来はビールから~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『無関心』はキケン

今日は久しぶりに映画を観に行ってきました。
しかも劇場ではめったに観ない邦画です。

今テレビで放送中のドラマ『空飛ぶ広報室』が面白かったので、同じ
有川浩原作の『図書館戦争』を選びました。
原作の小説は未読だったので「本(=表現の自由)をめぐり武器を使ってまで
それらを守る"図書隊"と、武装し殺傷もいとわない過激な検閲で取り締まる
"メディア良化体"との戦い」という設定に始めは戸惑って感情移入しにくかった
のですが、観終わった後は結構色々考えさせられる良い映画だったと思います。

政治や経済を含めた世の中の色々な動きに対する

 「しょせん私には関係のないことでしょ」

 「どうせ自分ひとりの力では何も変わらないし」

といった『無関心』こそが、後々思いもよらなかった危険な世の中を
いつの間にか作り出してしまうという恐ろしさをひしひしと感じました。
物語の設定は一見突拍子もないものに思えますが、ここ数年の日本の状況を
鑑みると、あながち絵空事ではないのかも知れません。

必ず選挙には投票に行き、世の中の動きをチェックする事を怠らない。
それが自分たちの生活や国の将来を守る唯一の術なんだなぁと思いました。

…とまぁなんだか堅いこと書いちゃいましたが、岡田准一くんのアクションは
さすが3種の格闘技の師範の資格を持つ(!)だけあって迫力があったし、
榮倉奈々ちゃんもカッコ可愛くてとても楽しめる映画でした!


     \アタシへの無関心はもっとも許されないのよ~!/130430blg1.jpg
            /わかった!?\


            分かってます。分かってますとも。

                 ブログランキングに参加しています
                 にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ 人気ブログランキングへ
                 ポチっと応援よろしくですニャ♪ 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。